2007年10月28日

ライブカメラの静止画像を一定間隔で配信する

9年前に買って今では机の片隅で半ばリタイヤ状態の低スペックラップトップパソコン「FMV-BIBLO NUY23」を使ってライブカメラの静止画像を一定間隔で配信してみる。
Webカメラは、画素数10万・CMOSセンサーというこれも低スペックの安もの。
ライブカメラソフトは上述PCのような低スペックの動作環境でも使えるものを探した結果、「LiveCapture!」というフリーウェアを利用することにした。

写真-1.ライブカメラコントロール画面(配信元)



写真-2.配信画像
posted by localghost at 09:56| WEB(HTML,CSS,Javascript,DHTMLなど)

2007年10月23日

ストリーミング配信オンラインサービス「USTREAM.TV」

Webカメラさえ用意すれば誰でも簡単に自分のPCからライブ映像をストリーミング配信できるというオンラインサービス「USTREAM.TV」を試してみた。



英語サイトだが、配信までの手順はわかり易く、思った以上に簡単に配信できるのには驚いた。
posted by localghost at 20:57| WEB(HTML,CSS,Javascript,DHTMLなど)

2007年10月22日

クライアント領域の中心(中央)に画像を表示する

ブラウザのクライアント領域(表示領域)中央に背景画像を表示するのは簡単である。
CSSで"background-position:center;"とすればよい。
画像を背景でなく imgタグで中央に配置するにはどうするか。といってもそんな必要性はほとんどないのだが。

<div style="position:absolute;left:50%;top:50%;"><img src="画像URL" border=0 width="px" height="px" style="position:relative;left:-W/2px;top:-H/2px;""></div>
<div style="position:relative;left:0;top:0;"> 後続記述...(略) </div>

これでいけるかな。


左上の青い画像は背景画像。中央の赤い画像がイメージタグで貼り付けた画像。
posted by localghost at 19:29| WEB(HTML,CSS,Javascript,DHTMLなど)

2007年10月11日

Tips:半透過PNG画像をIE6で見れるようにする



半透過PNG画像をアルファチャンネル非対応のIE6で表示すると上図のように表示される。

IE6以下で半透過pngを使うための JS がいろいろ紹介されているが、ここではわたしが一番簡単そうだと感じた下記サイトの記事を参考にした。

http://d.hatena.ne.jp/amachang/20070206/1170715555

・"alphachpng.js"と"alphachpng.gif"の二つの外部ファイルを同じディレクトリに置く。
・半透過にしたい img 要素のあとに "alphachpng.js" を読み込む。
・img には必ず width,height を指定する。

記述例:
<img src="http://****.matrix.jp/cave/img/pushpin/pushpin_steel01.png" width="39" height="56">
<script src="http://****.matrix.jp/cave/alphachpng.js"></script>


これで下図のようにちゃんと半透過された。\(^o^)/

posted by localghost at 10:31| WEB(HTML,CSS,Javascript,DHTMLなど)

2007年10月04日